読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flying Future パイロット訓練生のブログ

パイロット訓練生のブログです。

旋回半径の簡単な求め方。

力学、操縦法、航法や、

トラフィックパターンのまわり方を考える時など、

様々な場面で必要になる「旋回半径」。

 

小型のプロペラ機から大型のジェット機まで、

速度とバンク角が分かれば、以下の公式で求めることができます。

 

旋回半径r = (V^2) / g*tan(バンク角)

 

しかし見ての通り、上空ではもちろん、地上でもいちいち計算するのも大変です。

そこで、計算過程を可能な限り省略し簡潔に表してみました。

  • 10度バンクの旋回半径[m] = (V[kt])^2 × 0.15
  • 20度バンクの旋回半径[m] = (V[kt])^2 × 0.074
  • 30度バンクの旋回半径[m] = (V[kt])^2 × 0.047

係数の部分だけアンチョコとして用意しておけば、いざという時使えるかと。

少なくとも上空で三角関数を計算する必要はなくなるでしょう。

※AIM-J 11章のRule of thumb に(V/60)^2を使う方法も記載されています。

 

自分の備忘録として、また誰かの役に立てれば幸いです。